読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haratkhr技報

SRモータ技術研究所

SRB

SRモータ、SRGは励磁エネルギーを介して、電気エネルギーと機械エネルギーを交換しています。

エネルギーの交換装置をSRB(スィチドリラクタンスボックス)と名づけて、エネルギーの流れを説明します。

電磁エネルギーは左から右へ、機械エネルギーは下から上へとなります。

SRMは励磁電力Peが機械出力Output Pm、回生電磁電力Output Peへ変換されます。

SRGは励磁電力Peと機械入力Pmが発電出力Output Prへ変換されます。

幅はエネルギー量を表しています。

力率の低いSRBは縦長で、Pmの割合が低くなります。

SRBに入るエネルギー容量は決まっており、変換毎に蓄積エネルギーはゼロになります。

変換出力を大きくするには、SRBの容量を大おきく、変換回数を多くします。

SRBは変換時の損失は含まれていません。

f:id:haratkhr:20170221093513j:plain

SRBは能率の悪い変換装置で、入力したエネルギーの半分以下しか出力エネルギーにならない、ことが分かりやすくなる様に考えました。

 電源とSRBとの間でエネルギーのやり取りが大きいが、出力エネルギーが小さいです。

 

SRモータの検討を始めた時、こんなに能率の悪いモータと思っていませんでしたが、いろいろ考えたところ上記のようになりました。

(間違いで、もっと能率がよければ、ハッピーですが。)

 

悲観的になってはいません。原理は改善できませんが、現行のSRモータの改善要素はたくさんあり、すべて(寸法、損失、コスト)半減出来るとして検討を進めています。