読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haratkhr技報

SRモータ技術研究所

モータの特性測定

開発の基礎データの収集を行います。

 

回転数測定 1750rpm(60Hz) -> 4極単相コンデンサモータです。

直流抵抗測定 34Ω(M巻線) 34Ω(S巻線)

巻線インダクタンス:ロータ巻線で短絡状態のためは測定不能。

 

電圧、電流、波形の測定

回路図

f:id:haratkhr:20170422143805j:plain

1.停止時M巻線電流 0.9Arms

AC100V 60Hz S巻線開放

励磁電流と2次電流の合成電流である。

f:id:haratkhr:20170411102906j:plain

 

2.無負荷回転時M巻線電流 0.5Arms

AC100V 60Hz S巻線開放

M巻線電流はほとんど励磁電流である。(発電電流も含む)

発電電流によりS巻線電圧が発生している。

f:id:haratkhr:20170411102723j:plain

3.強制停止時(始動時)コンデンサ電流 0.7Arms

AC100V 60Hz S巻線直列15μFコンデンサ接続

直交磁束は直接測定できないが、S巻線電圧より推定できます。

f:id:haratkhr:20170411103715j:plain

 

波形より想定の動作原理を再確認しました。

ローターの2次巻線抵抗の1次換算値:78Ω(意外と大きい。)

巻線インダクタンス:1H

 

設計基礎データの収集、設計目標の設定は完了しました。

 

この技報の考え方は、難解なことはありませんが、説明は不十分ですので、知識と動作を読む力がなければ、理解が困難かもしれません。

開発には知識よりも動作を読む力が重要と思います。

動作を読む力を得るには、時間をかけて、考えるしかないと思います。