読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haratkhr技報

SRモータ技術研究所

SRモータの弱点

1.力率が低い

力率が低いとインバータ駆動の半導体スイッチの電流が大きくなり、オンロスが増えます。

 

2.巻線の稼働率が低い

標準の6/4突極3相SRモータの場合、働いているいる巻線は1/3のにで、2/3の巻線は休んでいます。

DCモータは全巻線が常に働いています。

この稼働率が低いのが最大の弱点で、トルク/体積比が低い主原因と思います。

 

3.励磁エネルギーの回生

誘導モータとSRモータは励磁エネルギーを電源と出し入れしています。

トルクを得るため励磁して、不要になったら回生しなければならない仕組みは不利です。

 

4.SRモータの騒音

励磁エネルギーの蓄積、回生を行うことにより、回転子と固定子の吸引力が変化することによりSRモータ特有の騒音が発生する。

 

NewSRモータは、永久磁石又は、電磁石による常時励磁と交流駆動により4つの弱点を解消します。

 

出願した特許が登録になる可能性は少ないと考えています。

現在普及はしていませんが、当然あるべき内容の出願です。

全く勘違いしているか、どこかに公知例があると予想しています。

 通常の出願では、公知例が出てくる事を予想して、多数の請求項を設け、狭い権利範囲でも登録になること狙いますが、今回は請求項は1つにしました。

ビジネスはほとんど考えていません。

 

1年以内に国際出願するか否かの判断が必要ですが、費用が10万円以上かかるので躊躇しています。