読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haratkhr技報

SRモータ技術研究所

SRモータのトルク発生原理

SR モータは,励磁された固定子巻線からみた磁気回路の磁気抵抗が最小となるように発生するリラクタンストルクにより回転力を得る。

固定子-回転子間をギャップ中心面で直線近似展開した下図で説明すると、図示の位置に固定子と回転子がある場合にA 相巻線を励磁すれば、回転子はリラクタンストルクにより矢印の方向へ回転することになる。

回転子位置をθ、磁気随伴エネルギーをWm’とすると、一般に一相あたりの瞬時トルクT(θ)は、微小区間でのエネルギー変位を用いて

T(θ) =1/2 ×(i )2 ×dL/dθ で表現される。

f:id:haratkhr:20170130121940j:plain

 しかし鉄心が飽和するため電流を大きくしていくとトルクが増えなくなり、L値は電流値により変化する。

又、複数の文献で磁化曲線が示され、磁気飽和領域で利用することが望ましいときされているが、ギャップのある磁気回路でどんな動作か、磁化曲線の曲がりも理解できない。

(ブリッジギャプで磁気飽和領域を利用することはあるが、SRモータでは見当がつきません。)