読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haratkhr技報

SRモータ技術研究所

速度制御回路

速度制御回路の一例を示します。

SRモータは、DCモータのように電源電圧で無負荷の回転数が決まる動作はありません。

トルクは電流と比例関係で、回転数が高くなると仮想速度起電力が大きくなり、電流が低下するため、回転数は負荷抵抗とトルクのバランスできまります。

このため負荷の変動に従って、回転速度は大きく変動します。

一定の回転速度で回すには、速度フィードバックが必須です。

 

速度を検出し、一定の電流幅でQ1をPWM制御することにより負荷に応じて電流を変化させ、速度が指令速度に一致するように電流指令値を制御します。

  f:id:haratkhr:20170130211747j:plain