haratkhr技報

SRモータ技術研究所

鉛バッテリー充電器/セルスターター

2017-07-29

EV用の充電回路の検討に先立ち、鉛12Vバッテリーの充電器/セルスターターを調べてみました。

f:id:haratkhr:20170729105044j:plain

 

f:id:haratkhr:20170730100000j:plain

充電電流はトランスの2次電圧12.6Vと抵抗値約0.5Ω(巻線の抵抗値、制限抵抗)により設定されています。

充電が進むと電池電圧が上昇することにより、充電電流が低下します。

セルスターター時はトランスの1次巻線を切り替え、2次電圧を15.7Vと高くして電流値を増加させています。

トランスと電池の電流を合わせて40Aとなります。

電源電圧が変動すると充電電流も変動するため、充電電流のメータ表示と充電時間で充電量を管理します。

シンプルで効率も良くないですが、故障は少ないと思います。

効率は約75-80%と推定しています。

f:id:haratkhr:20170729122634j:plain

制御回路はバッテリー電圧が6V以上で15V以下の時のみオンする様になっており、異常状態で動作しない様になっています。

 

充電/セルスタート電流

f:id:haratkhr:20170730085731j:plain

シュミレーション

充電電流

 f:id:haratkhr:20170729110805j:plain

セルスタート電流

f:id:haratkhr:20170729110615j:plain